《 THE BONZE CLUB 「まだまだシネマ倶楽部」とは 》

 

THE BONZEくらぶを主宰する

日蓮宗法華寺三十五世住職 杉若恵亮 すぎわかえりょう)」が、

京都北区の町屋”BONZEくらぶハウス「堀北庵」”で

定期的に開催している”ほっこりとした映画鑑賞会”です。

《 THE BONZEくらぶ とは 》

「BONZEくらぶ」別称(つきいちボンサンと語ろう会)とは、仏教僧が不特定多数の老若男女との出逢い、語り合いの場を求め寺から飛び出し1988年2月からスタートした会の名称です。

年齢、性別、職種、国境、宗教、宗派など一切の枠を越え互いに互いの意見や考えを吸収しあいたく誰でも参加できるよう、会員システムや会規約等が一切存在しない気楽な月一回のテーマに沿って語り合う座談会です。

 

 

 

■そのままの心で出逢い、語り合い
■スポンジ的人生のすすめ
■「話」から「輪」へ、そして「和」へ

がキャッチタイトルです。

仏教僧が座長をつとめます。テーマもさまざま。もちろん仏教への質問、相談もOK!過去のテーマは「ボンズクラブグラフィティ」にてご覧下さい。

1988年のスタート時は喫茶店を集いの場とし、以来画廊、居酒屋、民家と転々とし、2003年11月より15周年を機に上京区内の京町家を改装し、ボンズクラブトークライブハウスと銘打って多くの人々との出逢いを求め、新たな集いの場として再スタート。

現在は、北区紫野にその集いの場を移し、名称「BONZEくらぶ堀北庵」と名付け、さらなるオープン空間として様々な企画を展開しています。この空間を利用して何か「集いの企画」をしたいと言う方はお問い合わせ下さい。

THE BONZEくらぶ webサイト

   http://bonzeclub.net/index.html

 

お問合せ先

 FAX(075)432-8716
 メール info@bonzeclub.net
 BONZEくらぶハウス「堀北庵」代表:杉若恵亮 

《 杉若 恵亮 のプロフィール 》

 

杉若恵亮(すぎわかえりょう、1959年(昭和34年)12月24日 - )は、京都府出身。

亀岡市にある日蓮宗法華寺三十五世住職を務める。

 

「出逢いあれば別れあり。別れなき出会いはないが、別れるために出逢うのではない」

を信条に、1988年(昭和63年)より「つきいちボンサンと語ろう会~ボンズクラブ」

を毎月開催し続けている。


テレビ・ラジオを通じての人との出逢いも精力的に進める。

宗派の僧侶でつくる「京都立正平和の会」でも活動中。

 

2007年より、フィリピンに残されている日本兵の遺骨を持ち帰るNPO法人「空援隊」の理事も務める。

 

京都外国語大学英米語学科卒業。

龍谷大学聴講1年、その後デザイン専門学校にてグラフィックデザイン2年専攻。

1970年出家得度。1986年最終修行終了。

 

座右の銘我を非として、当たうもの吾が師なり